コンパクト化しているダイソン掃除機

スポンサードリンク

コンパクト化しているダイソン掃除機

ダイソンの掃除機は、パワフルさが売りなので昔から大きなイメージがありますが、最近の機種はコンパクトになってきています。

 

単純に重量を比べた場合に2014年3月に発売されたDC63が約2.7kgで、2012年に発売されたDC46が約4.1kgと、かなり軽減されている事が分かります。
ダイソンの掃除機がコンパクトになった事で、問題点が解消され、今までだと主婦である女性が扱いにくかったのですが、一回り小さくなり楽になったと思います。

 

コードレスで使えるハンディタイプの掃除機も同様にコンパクト化されていまして、使いやすくなっています。
その代わり、ゴミを溜める部分であるクリアビン等も小型化されていますので、こまめな掃除が必要にもなっています。

 

逆に小さくなりすぎて、吸引力が落ちた訳でもありませんし、アタッチメントの充実で掃除機本体を持ったまま使う事もないので、より良く改善されています。
数kg軽くなって、ヘッドのサイズを含めて全体的に小ぶりになっただけ、ダイソンの掃除機の評価が上がっています。

スポンサードリンク

スポンサードリンク