ダイソン掃除機キャニスタータイプとは?

スポンサードリンク

ダイソン掃除機キャニスタータイプとは?

ダイソンと言えば、人気の掃除機ブランドとしておなじみですよね。
ダイソンでも様々なタイプの掃除機がありますが、バッテリー切れを気にしなくていいキャニスタータイプに注目したいです。

 

ダイソン掃除機の特徴として「吸引力の変わらない掃除機」と謳っているように、紙パック掃除機に比べて吸引力が低下しにくい事です。
また紙パックが無く、吸ったゴミを直接ゴミ箱に捨てるのでゴミがいっぱいになったら紙パックを交換する掃除機よりも手間が少ない点が支持されていると思われます。

 

同じダイソン掃除機でも機種によって特徴があります。
「手のひらに乗るダイソン掃除機」のコマーシャルを覚えていますか?DC48というタイプです。
ボールのような形状で、室内で小回りが利くデザインとなっており、家具など障害物が多い部屋でも効率よく掃除出来ます。
収納にも場所を取らないことも小型タイプの特徴です。

 

強力な吸引力をアピールしているのはDC46というタイプです。
このタイプでは32ルートサイクロンと言って強い吸引力を生み出すサイクロンを2層に配列しています。
風量を強めることでより多くのごみを吸い出すという技術です。

 

ダイソン掃除機は、これからも注目したいものです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク